WordPress移転 ローカルからWeb

今回のテーマは、WordPress移転 ローカル ⇒ Web

です。

 

ローカル上にある自分のWordPressを、

オンライン上のサーバーに移転する方法をまとめたいと思います。

※オンライン上のサーバーを準備済として話を進めます。

(オンライン上のサーバー準備が分からない方はこちら⇒WordPressインストール)

 

 

手順

(ⅰ)本体構成ファイルのコピー

①ローカル上のwp-configをサーバー用に書き換える

ローカル環境にあるWordPress構成ファイルのwp-configをサーバー用に書き換え

 

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, データベースに作成した任意フォルダ”);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, WordPressインストール時に設定した名前”);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, WordPressインストール時に設定したパスワード”);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, 契約サーバーを確認”);

 

 

②WordPress本体構成フォルダをFTPソフトを用いてサーバー上へアップロード

ローカル環境のすべてのWordPress構成ファイルを、サーバーのWordPress構成ファイル(今回はpublic_html)にアップロード(上書きコピー)

 

 

(ⅱ)データベースのコピー

①MAMP上のデータベースをエクスポート

ローカル環境のデータベースを自分PC(任意の場所)にエクスポート

・detaファイルをすべて選択

・出力方法 – Custom

・出力形式 – SQL

 

・出力ファイル保存をチェック

 

・DROP TABLE/ VIEW/ PROCEDURE/ FUNCTION/ EVENT/ TRIGGERにチェック

・実行

 

SQLファイルが出力されるので確認

 

②サーバー上のデータベースにインポート

・レンタルサーバーからphpMyAdminにログイン

・WordPressで使用する任意フォルダにローカルからエクスポートしたSQLファイルをインポート

※ファイルサイズが大きくエラーの場合SQLファイルをzip圧縮して再度インポートしてください

 

③インポートデータの書き換え

Search and Replace for WordPress Databases Script使用し、インポートデータをサーバー設定に合わせ編集

 

・Search and Replace for WordPress Databases Scriptをサーバー上の、WordPress構成フォルダにアップロード

 

・ブラウザでhttp://独自ドメイン/Search-Replace-DB-master/にアクセス

本番サイトのURLローカルサイトのURLを打ち込み、live runを選択

 

④Search and Replace for WordPress Databases Scriptを削除

第三者によるフォルダ書き換え防止のため、delete meでソフト削除する

 

 

(ⅰ)(ⅱ)完了後、本番URLを開き、WordPressにログインできれば成功。

以上です。

 

※補足

メイン画面からリンクに接続すると、エラーが出る場合、

WordPress本体フォルダの.htaccessを書き換える必要があります。

 

・編集前

 

・編集後

 

<追記>

・サイトの応答時間が長いなど、一部ブラウザによってサイトへアクセスできない時がある

ブラウザを変更してアクセスできる場合、既定ブラウザに保存されたキャッシュに原因の可能性があります。

キャッシュを削除することで、既定ブラウザによるアクセスが可能になります。

 

Keyword

・WordPress, WordPress移転, WordPressコピー, MAMP, Web制作

 

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *